読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

革命信者の戯言。

平凡すぎる毎日を癒してくれるJUMPの9人が好き。

短期間で伊野尾慧に堕ちた私の日常の変化。

Hey! Say! JUMP 伊野尾慧

伊野尾革命たるものにハマリまんまと抜け出せないまま今に至る私…。

とびっこ歴は浅く、知識もなく、グループが大変だった時期も知らない。

それでも、好きになって、今だからこそいろいろ思うことがあるわけで。

もっと早く魅力に気付きたかったな、と思いつつ過ごしている所存です。

10周年目から応援する私みたいな人間と友達になってくれる人募集中です。

 

そんな私が、伊野尾担になったことで、変わったことがありました。

 

 

・仕事を頑張る理由ができた

毎日なんとなく起き、会社に行き、帰って来ても友達に会う週末しか楽しみがなかった私の1週間。JUMPが好きになり伊野尾担になったことで毎日の楽しみができました。ホントに趣味もなくて、お金をかける場所がなかった私が、今はJUMPにお金を落とす為だけに毎日一生懸命働いております。だからジェイストさんDEAR.の円盤化、頑張って下さい。予約開始の日を心待ちにしてます。

 

 

・かわいいは作れると知った

証明してくれたのは、自担である伊野尾さん。見れば見るほど綺麗だし、かわいいし、でもカッコいいし。とりあえず、並ぶ予定もないし、この先伊野ちゃんの視界に入るなんて恐れ多いこと考えてないけど、スキンケアだけでもしっかりしようと思って、最近は美白成分配合のちょっと高めの化粧水買いました。あと日焼け止めも塗るようになりました。でもごめんなさい。サンカットじゃないです。日焼け止めはスキンアクア派…サンカットも買います。

 

 

・メンタルの強化

多くは言いませんが。豆腐メンタルが、蒟蒻メンタルに成長しました。てか、基本私ダメ男好きで。友達に、ホストにはまりそうとか売れないバンドマンのヒモ彼氏出来そうとか散々言われてて。確かに高2の時好きになった先輩がまさにそんなタイプで。彼女いたけど2人でドライブとかカラオケとかご飯とか連れてって貰ってたわ…。女にだらしなくても、イケメンならしょうがないって宣言してる時点で私もダメ女の自覚あるし。どんなに写真撮られようと、真実かどうかわからない記事が書かれたり、ネットに流れたりしようと、そんな自担でも好きと胸張って言える自身はあります。

 

 

 

今までも、ジャニーズは好きで小学校の頃はKAT-TUN、中学・高校ではSexy Zoneが好きでした。でもKAT-TUNは自担が脱退、Sexy Zoneは明確なメンバー内格差が耐えられず徐々にフェイドアウトし、勝利の茶髪を見て完全に離れることを決めました(茶髪が嫌だったとかじゃなく、たまたまタイミングがここだった)。

 

そんな私が今こじらせて、またジャニヲタとして返り咲き、今ここにいます。

改めて戻った今、思うことは、田舎って不便。リトラ見れない、いたジャン見れない、スクール革命見れない、メレンゲたまにしか入らない。

現場に入りたくても、当たらない、遠い、友達いない。

 

 

都会への憧れを抱き、今年は現場入りを目標に日々生きていきます…